重さも関係あるものなのか

郵便ハガキは、定形郵便呼ばれていて、郵便局などで販売されている通常の郵便ハガキは、100ミリ×148ミリ、それ以外の私製ハガキは、短い辺が90ミリ~107ミリ、長い辺が140ミリ~154ミリのサイズ以内と決められております。
通常のサイズのハガキの料金は52円ですが、重さも関係あり、2グラム~6グラムまでと決められておりますので、シールや写真などを貼りつけて重くなった場合は、52円では足りなくなりますので、注意が必要です。
ちなみに、往復ハガキのサイズは、200ミリ×148ミリの2つ折りで、重さは、4グラム~12グラム、料金は104円になります。
ちなみに、大型ハガキとよばれるものは120ミリ×235ミリで、82円になります。
ハガキの場合、封書の郵便と違って、重さも料金に関係することも知らない方も大勢いますが、このようにハガキにも重さが関係あると知らないで、そのままポスト投函してしまうと、受けとる側の人が、受けとる際に追加料金を請求されてしまいますので、くれぐれも注意が必要です。最強、プリクラなどを貼る人もふえてきていますが、プリクラやシールなどの貼りすぎには、注意しましょう。年賀状などの写真印刷してあるものは、もともとが通常よりも重たくなっていますので、とくに気をつけましょう。万が一、もし、貼りすぎちゃったかなとか、重量オーバーかなと心配になったら、郵便で重さを計ってもらいましょう。
せっかくのお手紙が、相手の方に不足分を払わせて、相手を不快な思いをさせることのないように、きちんと確認してから出しましょう。相手が、不足していたことを言ってくれる仲の人でしたら、謝って不足分をお支払することもできますが、もし不足してきたとしても、相手なかなか言えなくて、あなたの事を気配りや気遣いのできない人と思ってしまうかもしれません。金額的には、少ない額ですが、こうしたちょっとしたことは、人付き合いの上で、とても大事な事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>